2010年02月27日

東京国立近代美術館工芸館

IMG_0036.JPG Ikougei2.JPG


竹橋にでかけたついでに
時間があったので
東京国立近代工芸館 によってみた。

東京国立近代美術館は寄らなかった。

東京国立近代工芸館では
「所蔵作品展 近代工芸の名品―花」
これが見たかったし 建物の写真も撮りたかったから
行った。

2004年から春の花の季節に合わせて、
“花”をテーマにした所蔵作品展を企画しています。

100点ほどのこじんまりとした展示ですが とてもよかったです。

平田郷陽《桜梅の少将》1936年の人形がみごとでした!

工芸館の建物は、旧近衛師団司令部庁舎を保存活用したものです。
陸軍技師田村鎮の設計によって1910. 3.(明治43)竣工、1945. 8.(昭和20)まで使用されていました 。
日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として重要な文化財です。

竹橋〜工芸館〜皇居東御苑内の写真集は
東京散歩アルバムにあります。

http://umeno87.sakura.ne.jp/sanpo.html
posted by うめのはな at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館・芸術鑑賞

2010年02月24日

皇居東御苑

 IMG_0068.JPG IMG_0093.JPG 
天気がいいのでちょいと花見をしてきた。

河津桜と梅が見ごろでした。
北詰橋門から入り
大手門まで抜けました。

梅林坂の梅が見ごろでした。
ちらほら早先の桜も咲いていましたが
今年は去年より遅いみたいです。

IMG_0053.JPG IMG_0062.JPG
天守台の展望台にのぼり汐見坂をくだり
二の丸庭園を抜け
三の丸尚蔵館へ行き ました。

「両陛下 思い出と絆の品々 U」
を見てきました。

国際交流で各国から贈られた品を展示していますが
どれもみなすごい品でした。

個人使用せず 国の宝になるんですね〜

日本からもそれなりの品が贈られている
のでしょうけど。。。

天守台あとに江戸城を復活させようという
議論があるそうな。

日本の江戸の職人の技を凝らして
復元するなら いいかなぁ・・
コンクリートのお城はやめて欲しい。

そういうものなら 何もないほうがいいです。
あの場所から見る 景色は高層ビルばかりですが
やはりとても大事な場所のように思えます。
できるだけ 自然のかたちで残して欲しいです。

今は梅が見ごろだけど桜が咲けば桜の名所。
菖蒲園などもあって季節ごとに楽しめるのがいいです。

外国人が多かったです。
それとツアーの団体客が旗の後ろをぞろぞろ
歩いていました。


IMG_0153.JPG IMG_0165.JPG
大手門を出ると お堀に白鳥さんがいました。
結構汚いところつついたりしています。

いい天気なのでのんびり 歩いて大手町まで出ました。
しかし 今日はコートを着ていると
暑かったです〜〜
posted by うめのはな at 17:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 千代田区

2010年02月05日

百段階段雛祭り〜旧朝倉家住宅

目黒 雅叙園で催されている「百段階段雛まつり」を
見てきた。

雅叙園に行く途中大円寺の石仏群を見ました。

江戸三大火のひとつである1772年の行人坂火事の
犠牲者を弔うために石工が50年という年月をかけ
完成させたもので 様々な表情の石仏さまです。
IMG_0024.JPG IMG_025.JPG
一通り見学したあと 雅叙園へ。
百段階段は言うまでもなく99段の階段とその脇に
それぞれ趣向の違う各部屋があるという 有名な所。

百段階段部分はすべて 撮影禁止です。

その各部屋に非常に贅を尽くしたものが多いと
いわれる絢爛豪華な山形の雛を中心に展示。
まさに門外不出の雛人形が勢ぞろいでした。

江戸時代から受け継がれてきた山形の雛人形文化と
美の饗宴はすばらしかったです。

山形は「やまがた雛のみち」や「酒田雛街道」、
「鶴岡雛物語」が開催されるなど、
街全体に名品が残る雛の里として知られているそう
です。

吊るし雛や立ち雛なども展示されています。
圧巻は 農民たちの持っていた雛人形かわりの
人形たちの勢ぞろい。
お雛様を買えなかったひとたちの気持ちのこめられた
人形たちはみな表情が違っていて子を愛する気持ちに
触れたような気がしました。

冬の百段階段 各部屋はとにかく 寒い 冷たい!
の一言に尽きます。
展示物や 部屋の絵を守るため暖房するわけにも
いかないので 仕方ないですね。
案内のおねぇさんたちがかわいそうでした。
暖かくしてお出かけください、。特に足もと。。。

雅叙園からタクシーに乗って 代官山へ。

代官山交番前の 旧朝倉家住宅を見学。

渋谷区の説明
*旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長
を歴任した朝倉虎治郎氏によって、
大正8年に建てられました。
大正ロマンの趣のある2階建ての建物内と
回遊式庭園を見学することができます*

玄関で靴をぬいで建物内を見学できます。
崖線という地形を取り入れた回遊式庭園も見学
できます。

撮影可( FLASH不可)なので写真を撮りました。

東京散歩にUPしてあります。
http://umeno87.sakura.ne.jp/sanpo.html

代官山駅から渋谷に戻り 時間があったので
たばこと塩の博物館 特別展
「ガレオン船が運んだ友好の夢」展を見ました。
日本とメキシコとの交流の歴史と
ガレオン貿易によるさまざまな品を展示しています。

しかし
渋谷はいつ行っても 騒がしい街だこと。。。
posted by うめのはな at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館・芸術鑑賞

2010年02月03日

テーブルウェア・フェスティバル2010 〜暮らしを彩る器展〜

IMG_0011.JPG IMG_0013.JPG

IMG_0012.JPG IMG_0007.JPG 

チケットをもらったので 東京ドームまで出かけた。
そもそも こういう催しにはあまり興味がなかったのだが
一度くらい見ても損はないだろうと・・・。
チケットがなければたぶん行かなかっただろう。

結構混んでおりました。入場時バッグに手を入れて検査されます。

ブースは コンクール入賞作品などのアマチュア作品と
ブランド店のテーマに添ったコーナーに分かれています。
もちろん 即売店もたくさんです。

アマチュアは所詮アマチュアで関係者じゃないから
見ても面白くなかったし 同じようなものが
たくさん並んでいて飽きる。

テーマごとのブランドの展示はよかったかな。
それがプロとの違いですかねぇ〜と。。

とにかく混んでて疲れた・・

スタンド席で弁当食べてまで 何時間も見る人もいるんだなぁ〜と
思いつつ ああ〜午後からはイベントでタレントさんも
来るのだったと。。。。

好みのものだけざっと見て出てしまいました。

カルチャースクールの仲間でもないし 出展者のお友達
でもないし 特に興味も湧かなかった。

これまで 美術館でホンモノのすごいのばかり見ていたので
目が肥えてしまって 現代モノは軽い気がしてしょうがなかった。

それでも 有田焼 鍋島などは興味をそそった。

昼食を近くのミーツビルで食べたのだけど
料理に髪の毛が入っていたり器が冷たかったりで
美味しいとも思えなかったりしで 今日ははずれでした。

こういうところの店はそれなりなんだなぁ〜と。
posted by うめのはな at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記