2012年10月23日

東京駅赤レンガとギャラリー

丸の内北口にある 東京ステーションギャラリーに行った。
「多くの人々が行き交う駅を文化の発信地とすること」を狙いとし、1988年に丸の内駅舎の2階を改造して開館。 これまで105本の展示会を開いてきました。10月1日に再オープンしましたが 休館し6年半も経ちます。。

「始発電車を待ちながら」展 東京駅と鉄道をめぐる現代アート 9つの物語。 を開催中です。現代美術家8人と1組が鉄道、東京駅をテーマに新作を展示しています。2013年2月24日まで。
jioram010.jpg

ライトをつけた小さな電車が白い壁に映し出す 影絵がすばらしかった。
東京駅の復元工事を時間を追って映し出す映像 プラレールを使った作品などユニークなものばかり。
ICカードをタッチすると自分が通ってきたきた経路が映し出されたり 遊び心も十分あって楽しかったです。
もちろん 東京駅の始発電車が動く時間帯を映し出す映像もありました。
jioram011.jpg
館内各所でみられるむき出しの躯体レンガの壁面。これも観たかったのです。
1019tokyoeki26.JPG
焼けこげた レンガの下の木造部。
1019tokyoeki154.JPG
さびた金属部分
1019tokyoeki39.JPG
ミュージアムショップの店内に残る 階段部分。
1019tokyoeki27.JPG
階段の壁
1019tokyoeki156.JPG
むき出しのままですが 触れることは禁止。
1019tokyoeki153.JPG
おしゃれな吹き抜けの照明。
1019tokyoeki167.JPG
階段です。
それから 回廊に出ました。ドーム天井部分がよく見えます。
1019tokyoeki35.JPG

1019tokyoeki33.JPG
この大きな柱はアルキャストという現代の材料で作られ 2012年の刻印があります。
3Fはホテルの窓ですね。
ついでに南口のドームもみましょう。
1019tokyoeki78s.JPG
基本的に ドーム部分は同じですが2F部分はギャラリーではないので少し違います。
1019tokyoeki73s.JPG

1019tokyoeki72s.JPG
お店が入っています。ですから 誰でも行けます。
posted by うめのはな at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区