2013年12月02日

神田川クルーズ6

29.万世橋 千代田区外神田ー 千代田区須田町
構造 : 鉄筋コンクリート製 アーチ橋  
完成 : 昭和 5年 (1930)
manseb (1).JPG
レンガ造りの構造物は、旧国鉄万世橋駅の遺構です。
1912年につくられた「万世橋駅」は関東大震災で焼失。1925年(大正14年)に再生しましたが 1943年に駅としての機能は休止。
その後交通博物館として愛されてきました。
manseb (2).JPG
2006年に閉館。2013年 100年の時を経て2013年、赤レンガアーチの味わいはそのままに残し、新たな商業施設として「mAAch ecute(マーチエキュート)」がオープンしました。
manseb (3).jpg
おしゃれなお店に生まれ変わっていて旧万世橋駅の開業時(明治45年)に作られたホーム部分を展望デッキとして整備しました。
manseb (4).jpg
万世橋から手を振る人々。秋葉原が近いので人通りが多いです。
manseb (5).JPG
写真にある水路は「真島町雨水幹線」と言われるもので 谷中2丁目の通称「へび道」を起点として根津、不忍通りの下を通って万世橋まで流れている雨水下水道幹線だそうです。
manseb (6).jpg
親柱の下に小窓がたくさん…階段もあります。
ここは以前公衆トイレとして使用されていたそうです。
万世橋をすぎて すぐ見えるのがJRの橋です。
30.JRの橋
アーチ部分に隠れて少し 見えているのが 神田ふれあい橋です。
kandagawayanagi (1).JPG
31.神田ふれあい橋 千代田区神田佐久間町ー千代田区神田東松下町
構造 : 歩行者専用 鋼製 桁橋  
完成 : 平成 1年 (1989)
kandagawayanagi (2).jpg
上流側に隣接する新幹線の高架。新幹線の工事用の橋でしたが、地元の要望により工事完了後も撤去しないで、人道橋として供用されています。
kandagawayanagi (4).JPG
南側川沿いにに柳森神社が見えます。 室町時代、太田道灌公が江戸城の鬼門除けとして、多くの柳をこの地に植え、京都の伏見稲荷を勧請したことに由来する神社で、境内の福寿社は「おたぬき様」と呼ばれているそうです。
kandagawayanagi (3).JPG
次は和泉橋です。
posted by うめのはな at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区