2012年10月02日

日本橋由来記碑

日本橋由来記の碑は 南詰西側にあり、江戸期にはこの場所に高札場が設置されていた 。
今 花の広場になっているところに 高札をかたどった「日本橋由来記の碑」が建っている。
高札場〔こうさつば〕
「幕府からでた「御触れ」などを高札として揚げた場所。高札は庶民の生活を規制する内容のものが多い。
宿村間の里程を測る基準として用いられたので容易に移設はできなかった。
江戸市中には、 日本橋、常磐橋外、浅草橋内、筋違い橋内、 高輪大木戸、半蔵門外の6カ所設けられていた。 」
n10.jpg

国指定重要文化財、所在地:中央区日本橋一丁目・日本橋室町一丁目。

「日本橋がはじめて架けられたのは徳川家康が幕府を開いた慶長8年(1603)と伝えられています。幕府は東海道をはじめとする五街道の起点を日本橋とし、重要な水路であった日本橋川と交差する点として江戸経済の中心となっていました。橋詰には高札場があり、魚河岸があったことでも有名です。幕末の様子は安藤(歌川)広重の錦絵でも知られています。
現在の日本橋は東京市により、石造2連アーチの道路橋として明治44年(1911)に完成しました。橋銘は第15代将軍徳川慶喜の筆によるもので、青銅の照明灯装飾品の麒麟(キリン)は東京市の繁栄を、獅子(シシ)は守護を表しています。橋の中央にある日本国道路元標は、昭和42年(1967)に都電の廃止に伴い道路整備が行われたのを契機に、同47年(1972)に柱からプレートに変更されました。プレートの文字は当時の総理大臣の佐藤栄作の筆によるものです。

平成10年(1998)に照明灯装飾品の修復が行われ、同11年(1999)5月には国の重要文化財に指定されました。装飾品の旧部品の一部は中央区が寄贈を受け、大切に保管しています。中央区教育委員会」
n8.jpg

◆昭和11年(1936)4月、日本橋区が設置した「日本橋由来記」に次のとおり記載されている。
所在地:中央区日本橋1-1-1先、日本橋南詰西側

「日本橋は江戸名所の随一にして其名四方に高し、慶長8年幕府諸大名に課して城東の海浜を埋め、市街を営み、海運を通し始めて本橋を架す。人呼んで日本橋と称し遂に橋名と為る。翌年、諸海道に一里塚を築くや。本橋を以て起点と為す。当時、既に江戸繁華の中心たりしこと推知す可く。橋畔に高札場等を置く、亦(また)所以なきにあらず。旧記を按ずるに、元和4年、改架の本橋は長さ37間余り、幅4間余りにして、その後、改架凡(およ)そ19回に及べりと云う。
徳川盛時に於ける本橋付近は富賈(ふこ=富商)豪商甍(いらか)を連ね、魚市あり、酒庫あり、雑閙(ざっとう=雑踏、騒がしくこみあう)沸くが如(ごと)く橋に貴賎の往来昼夜絶えず。富嶽遥かに秀麗を天際(てんさい)に誇り、白帆近く碧波(へきは)と映帯(えいたい=光や色彩がうつりあう)す、真に上図の如し。

明治聖代に至り、百般の文物日々新たなるに伴い、本橋亦(また)明治44年3月新装成り、今日に至る。茲(ここ)に橋畔の碑を建て、由来を刻して後世に伝う。」
n6.jpg

n5.jpg
◆日本橋橋詰の愛称 平成3年(1991)10月3日、建設省東京国道工事事務所が設置。

日本橋の歴史は、慶長8年(1603)に家康の江戸幕府開府の際、南北の交通路として木橋が架設されて以来、幾度の変遷を経て、現在の石橋が明治44年(1911)4月に完成し、平成3年(1991)4月には80歳を迎えました。
これを記念し、平成2年(1990)7月から平成3年(1991)5月にかけて広場の整備を行い、平成3年(1991)5月には完成式典が行われました。
整備にあたっては地域の方々の意見をもとに、日本橋橋詰を都心のオアシスとして、人々の待ち合わせや地域の活性化になればと考え実施しました。
この整備工事に合わせ、愛称を一般募集するとともに、その愛称を末長く親しんでいただくため、記念碑として保存することとしました。
n4.jpg
ここが 日本橋橋詰の愛称 の説明版がある 花の広場です。
2012927nihonbasi49.JPG
「花の広場」にタイムカプセルが設置されています。
n1.jpg
初代は、1991年に日本橋架橋80年を記念して設置されましたが、20年後の2011年に架橋100周年のイベントで開封されています。

現在のものは二代目で、25年後に開封される予定とのことです。
n7.jpg
日本国重要文化財「日本橋」
・構造、形式
石造り二連アーチ橋 高い欄付(青銅製照明灯を含む)
附 東京市道路元標 一基 
・所有者
 国(建設省:現国土交通省)
・指定年月日
平成11年5月13日 指定(建 第2362号)
・指定の意義
明治期を代表する石造りアーチ道路橋であり、石造り石造アーチ橋の技術的達成度を示す遺構として貴重である。また、土木家、彫刻家が協同した装飾橋架の代表作であり ルネッサンス式による橋梁本体と和漢折衷の装飾との調和も破綻なくまとめられており、意匠的完成度も高い。
建設省国道に係る物件で初めての重要文化財指定
posted by うめのはな at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 中央区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58679385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック