2012年10月14日

スーパーに柿が売っていた。
ああ もうそんな時期なのだなぁ〜と。

新しい家に引っ越したとき 庭に何を植えようか・・・実のなる木がひとつあってもいい。そう思って苗木を買ってきたのが 富有柿だった。
 「桃栗三年、柿八年」と言われ、柿は実を結ぶまで長い年月を要するように言われていましたが 最近の苗は接ぎ木をしており、比較的早くから実をつけるようです。
たしか 植えてから3年ほどで実がなったと思います。
最初の年は数個。それから十数個になったのですが ある年はほとんど実がならなかったりもしました。
実を採る時期がむずかしく 遅れると 鳥にみなつつかれてしまいます。
鳥との競争のようですが 被害が無いときは 鳥さんのために・・と2〜3個残したりもしました。
十年ほど前 その地を離れてしまったので その柿の木が今もあるのかどうかは わかりません。

柿を見ながら そんなことを思い出してしまいました。
時々 おけさ柿を貰って食べていましたが あれは 甘くて美味しいから好きです。
IMG_000839_1.jpg
柿アレルギーになりませんように。。。。
古い写真を探したら 庭の柿が写っていました。なつかしいです。
09180008.jpg
【絵とエッセイの最新記事】
posted by うめのはな at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵とエッセイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59208364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック